お勧めの東京で自己破産の相談できる弁護士

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


杉山事務所


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章

目黒区の自己破産を相談できる弁護士事務所

まだ登録はありません

目黒区の自己破産を弁護士に依頼した体験談

相談の背景

Nさんは、結婚をして2児の父親として仕事に育児にいそしんでいました。

子供が大きくなると、手がかからなくなったためNさんは趣味であったゴルフを再開するようになりました。

営業職であるNさんは、休日になると取引先とゴルフに赴く生活をするようになり、手元が寂しいときには借金をし始めたことから、借り入れが膨らみます

業績の悪化に伴いNさんの会社ではボーナスの支給がなくなってしまいました。返済のためのあてにしていたり旅行の計画をしていたNさんは取り繕うためにさらに借財を重ねます。

返済が苦しいと思ったNさんはたまらず司法書士に相談し任意整理をしました。

しかし、業績が悪化していたNさんの会社はリストラを断行、Nさんも対象に選ばれてしまい、会社を退職。和解した業者への支払いができなくなりました。

就職の目途もたたなくなったNさんはどうしていいかわからず、こんどは別に弁護士に相談をすることになりました。

相談と弁護士の提案

もともとの借財はそんなに多くなかったものの、生活費を失業手当に頼っている現状では、支払不能といえると考えた弁護士は、自己破産の選択を提案。Nさんもこれを受け入れます。

結論

債務の総額は230万程度だったものの、収入が16万程度に落ち込んでいたNさんは自己破産を選択し、債務から解放。再就職が決まったNさんは再度子供のために働くようになりました。

トップに戻る